BIGLOBE
2016年 2月 1日 更新
2005年 4月 1日 掲載

開示などの要求の方法

(提出すべき書面の様式、本人又は代理人であることの確認方法等)

開示などの要求を行う場合は、次の要求書(1)をダウンロード(PDF)し、必要事項を全てご記入の上、本人確認のための書類(2)を同封してBIGLOBE個人情報開示相談係にご郵送ください。
個人情報の開示と利用目的の通知の要求につきましては別途定める指定の郵送料を切手にて同封してください。
開示などの要求は、本人による場合のほか代理人による場合も受けさせていただきます。代理人による場合、下記必要書類(1)(2)に加えて代理人を証明する書類(3)を同封の上、BIGLOBE個人情報開示相談係にご郵送ください。
ご提出いただきました書類に不備がある場合は、返送させていただく場合もありますので書類をよく確認の上ご郵送ください。
(1) 要求書
要求の内容により、以下4種類の要求書を用意しております。
個人情報の開示の要求
個人情報の利用目的の通知の要求
個人情報の内容の訂正、追加、削除の要求
個人情報の利用停止若しくは第三者への提供停止の要求
所定の要求書にご記入いただきました項目の情報に関してのみ、対応をさせていただきます。
(2) 本人確認のための書類
a. 要求の対象者が個人様の場合
運転免許証、パスポート、健康保険の被保険者証、在留カード、特別永住者証明書、住民基本台帳カードのコピー、個人番号カードのコピー(表面) いずれか1通
上記に加えて住民票の写し(コピー不可)、外国人登録原票の写し(コピー不可) いずれか1通
回答の送付が必要な場合、送付先の住所と同じ住所が記載されている必要があります。
個人番号(マイナンバー)の記載のある書類は、本人確認書類として利用できません。
個人番号カードのコピーを準備される場合、カードの表面(顔写真がある面)のみとし、カードの裏面(個人番号(マイナンバー)記載側)のコピーはとらないでください。
住民票を準備される場合、交付日から3カ月以内で個人番号(マイナンバー)の記載がないものを準備してください。
以上の2通の本人確認の書類が必要です。
例: 住民票の写し(コピー不可)+運転免許証のコピー
住民票の写し(コピー不可)+住民基本台帳カードのコピー
b. 開示などの要求の対象者が企業、その他の団体内個人様の場合
 
勤務証明書、在籍証明書 いずれか1通
(3) 代理人確認のための書類
a. 親権者もしくは成年後見人からの申し出の場合
戸籍謄本、戸籍抄本、家庭裁判所の証明書、登記事項証明書等その資格を証明する書類 いずれか1通
親権者もしくは成年後見人自身の本人確認書類(前記(2)項a)
開示などの要求をする日前30日以内に作成されたものに限る。
本籍地の情報は塗りつぶしてお送りください。
b. 本人が委任した代理人
委任状(本人の署名捺印) 1通
印鑑証明書(委任状に押された本人の印鑑と同一の印影のもの) 1通
代理人本人を確認するための書類(前記(2)項a)
回答の送付が必要な場合、送付先の住所と同じ住所が記載されている必要があります。
本籍地の情報は塗りつぶしてお送りください。
要求書類に不備もしくは不明点がある場合は、その旨ご連絡申しあげますが、所定の期間内にご提示いただけない場合は、開示などの要求がなかったものとして送付いただいた要求書類をご返送させていただきます。

「個人情報の開示などの要求について」トップへ戻る