次の段落は、カスタマーサポートトップからこのページまでの最短経路を示しています。

My BIGLOBEトップ > ネットのお役立ち情報 > ネットを知りたい > 接続の種類と回線について


↓ここにキーワードを入力してください。



接続の種類と回線について

接続の種類と回線についてインターネットの急速な進化に伴い、接続の種類も、従来からの固定電話の回線(電話回線)を利用するタイプのほか、光ファイバーケーブル(光回線)、さらには無線LAN、ケータイ電話やPDA(携帯情報端末)、ゲーム機のようなモバイル機器を利用するものなど多様化してきています。また最近では電気のコンセントを使うPLC(高速電力線通信)対応機器が発売されています。

ここでは、ご自宅などでパソコンにケーブルを繋いで接続するオーソドックスな以下の4つの接続方法についてかんたんに紹介します。

電話回線を利用するものに、一般電話(アナログ電話回線)、ISDN(デジタル電話回線)、ADSL(アナログ電話回線の高周波帯域)があります。また、光ファイバーケーブル(光回線)を利用するFTTHがあります。

ナローバンドでの接続(ダイヤルアップ接続または、ダイヤルアップIP接続)

◆一般電話の場合

アナログ電話回線を利用します。電話で利用するのと同じ領域を利用し占有するため、電話をかけているとインターネットが利用できません。速度は最高で56Kbps。bpsとはデータ転送速度を表す単位です。これはbits per secondの略で、1秒間に転送することができるデータの量(bitとは情報量の最小単位)を示しています。56kbpsの場合、1秒間に最大56kbpsのデータをやりとりすることができることを示しています(1kbps=1,000bps)。

ASDLや光ファイバーをお使いの場合も、ご契約コースに応じて、基本料金内で1時間〜無制限でダイヤルアップ接続(アクセスポイントにダイヤルして接続する方法)がご利用になれます。(一部コースは別途接続料金がかかります。)ダイヤルアップ接続は、接続のたびごとに別途通信料金が発生します。
くわしくは、コースとオプション料金表をご覧ください。

◆ISDNの場合

アナログ電話回線をISDN用のデジタル電話回線に切り替えることになります。ISDNは一般電話より少し速い64kbps。回線が2本分あるので、電話とインターネットの両方を同時に利用することができます。2回線を同時にインターネットにつなぐことで64kbps+64kbpsで最高128kbpsの速度を出すこともできますが、この場合の接続料金は2回線分となり2倍になります。ADSLなどのブロードバンドが登場するまでの高速接続でした。

ブロードバンドでの接続

◆ADSL

ADSLとはAsymmetric Digital Subscriber Lineの略で、非対称デジタル加入者線のことです。 ADSLは一般電話と同様に、アナログ電話回線を利用します。アナログ電話回線には、電話(通話)などでは利用しない空いている領域(高周波帯域)があり、ここを利用するのがADSLです。電話などで利用する領域(低周波帯域)とは違う領域(高周波帯域)となるため、高速な接続が可能で、電話とインターネットの両方を同時に使うことができます。

ADSLの最高速度は最大50Mbpsです。 たとえばこの最大50Mbpsという速度は、ホームページの表示やデータのダウンロード、メールを受信するときなどの下りの速度を指し、メールを送信したり、自分のパソコンからインターネットへデータをアップロードするときなどの上りの速度はおよそ最大1Mbps〜5Mbpsとなります。上りの速度は下りの速度のおよそ1/10のスピードになります。このように上りと下りの速度が異なるためADSLは“非対称”デジタル加入者線といわれています。

上りと下りで速さが違っていても、ホームページの閲覧やデータのダウンロードなどの下りでの利用場面の方が圧倒的に多いため、不便さを感じることはありません。下りの速度を大きくして、インターネットをより快適に楽しめるようにしているのです。

低速の1Mbps(1,000kbps)の場合でさえ、ダイヤルアップ接続(56kbps)の約17倍の速度になります。

技術規格上の最大値であり、お客様宅内での実使用速度を示すものではありません。 また、ご利用になる地域やまわりの環境によりADSLを利用できない場合があります。

◆FTTH

FTTHとはFiber To The Homeの略で、光ファイバーインターネット接続のことです。

FTTHの速度は、ADSLよりさらに速い最高で上り下り共に最大100Mbpsとなります。

ADSLの場合、NTT収容局からご自宅などの利用場所までの距離により速度の低下が発生することがありますが、FTTHの場合は回線に光ファイバーケーブルを使用するため、距離などによる速度の低下もなく、安定した接続ができます。

オンラインゲームなどでアップロードも含めたデータのやりとりを頻繁に行う場合や、ブロードバンドテレビ、光IP電話など、より積極的にインターネットを利用する方にオススメです。

光ファイバーケーブル(光回線)をご自宅などの利用する場所へ新たに引くことになります。比較的新しい最近の建物の場合は、すでに敷設されていることもありますが、新しい設備を利用するため、初期費用がADSLよりも高額となります。ただし、キャンペーンを利用すると初期費用が無料となるコースもあります。

技術規格上の最大値であり、お客様宅内での実使用速度を示すものではありません。また、ご利用になる地域や建物によりFTTHを利用できない場合があります。

【関連リンク】
5分でわかる光ファイバー http://support.biglobe.ne.jp/service/hikari/
光ファイバーのしくみやメリットについてやさしく紹介しています。

  • 会員サポートトップ

  • 各種手続き

  • 各種設定方法

  • よくある質問

  • お問い合わせ


プライバシーマーク

インターネット接続サービス安全・安心マーク