次の段落は、カスタマーサポートトップからこのページまでの最短経路を示しています。

My BIGLOBEトップ > ネットのお役立ち情報 > ネットを活用したい > ショートカットアイコンを変更しよう


↓ここにキーワードを入力してください。



ショートカットアイコンを変更しよう

ショートカットアイコンを変えるってどんなこと?

◆ショートカットアイコンって何?

ショートカットアイコンとは、パソコンのデスクトップの上などにあるいろいろなアイコンのうちのひとつの種類です。ショートカットアイコンを理解するために、「デスクトップ」、「アイコン」、「ショートカット」、「ショートカットアイコン」の意味をおさらいしてみましょう。

「デスクトップ」とは、

WindowsやMacintoshなどのOSを起動したときに、最初に表示される基本となる操作画面です。パソコンを操作する時の作業机をイメージしてデスクトップ(机上)と呼んでいます。

Windows
Macintosh

「アイコン」とは、

ファイルやフォルダ、ハードディスクやソフトウェアなどを表す小さな絵で、その内容や機能を直感的に理解しやすくします。アイコンはボタンになっていて、クリックまたはダブルクリックをすると、ソフトウェアが起動したりウィンドウが開いたりします。また、マウスで右クリック、左クリックすることでさまざまな操作をすることができます。

Windows

Macintosh

「ショートカット」とは、

ショート“短く”とカット“(あいだの経路を)省く”のことばの意味の表すとおりで、近道という意味です。何回か続けて行う操作を1回のキーボード操作で行なえる機能です。

「ショートカットアイコン」とは、

ファイルやフォルダ、ソフトウェアの分身のようなものです。
たとえば、あるフォルダのショートカットアイコンをデスクトップ上に作っておくと、わざわざフォルダそのものが置かれている場所(フォルダ階層の奥深く)にいって実行し(開か)なくても、ショートカットをクリックするだけで、目的のフォルダを開くことができます。そのことばの意味のとおり“短く、あいだの経路は省いて”近道で実行できるアイコンです。また、ショートカットアイコンの場合は、以下のように絵の左下に↑(矢印)がつきます。
ショートカットアイコンかふつうのアイコンかを見分けるには、デスクトップの上などにあるアイコンの絵の左下に、↑(矢印)がついているか、いないかで判断できます。みなさんのデスクトップには、ショートカットアイコンはありますか?アイコンをよく見てみましょう。

Windows
Macintosh

今回は、このデスクトップの上にあるショートカットアイコンの絵を、自分のお気に入りのものに変更することにチャレンジしてみましょう。ここでは、初心者の方でもかんたんに間違いなく変更できるように、ショートカットアイコンの変更方法について紹介します。

デスクトップには、いろいろな種類のアイコンがあり、変更できないアイコンや、専門知識や経験をもった中・上級者が変更しないとパソコンの起動や操作に影響が出てしまうものまであります。くわしくは応用と豆知識 「アイコンの種類」をご覧ください。

◆なぜショートカットアイコンを変える必要があるの?

ショートカットアイコンの絵を変更するということはわかったけど、なぜアイコンの絵を変えるの?という声が聞こえてきそうですね。みなさんはデスクトップをどのようにお使いですか?
さきほども紹介しましたが、ファイルやフォルダ、ソフトウェアなどは、通常はフォルダ階層の奥深くに置かれています。よく使うファイルやフォルダ、ソフトウェアなどはデスクトップにショートカットアイコンを作っておくと、すぐに使えて便利ですよね。ショートカットは操作性アップの基本的なテクニックなのです。
たとえば、ほぼ毎日使うファイル(たとえば、家計簿の計算ファイルなど)は、階層の奥深くにあるものを開くよりも、デスクトップからすぐに開けたらすごく便利ですよね。
それで、このショートカットをデスクトップに作るのです。

「じゃあ、ほぼ毎日使うファイルそのものをデクストップに置けば?」と思われるかもしれません。しかしデスクトップに置くということは、パソコンの動きに少なからず負荷がかかるため起動が遅くなる原因になります。また、よく使うからからといってデスクトップにファイルを置いてしまうと、結果的にデスクトップが整理されず見づらくなってしまいます。
1つ1つのファイルのショートカットをバラバラに置いておくよりも、使用目的や種類ごとにまとめてあるフォルダのショートカットをデスクトップに置いた方がさらに便利かもしれません(家計簿の計算ファイル、子供のお小遣い帳ファイル、預貯金残高ファイルなどのお金に関するファイルを[家計簿]フォルダにまとめた方が便利)。

フォルダ数が少ないときはあまり感じないかもしれませんが、フォルダが増えてくるとどのアイコンも絵が同じで、ぱっとみたときに区別がつきません。せっかく目的や種類ごとにフォルダでまとめても区別がつかないと使い勝手が悪くなってしまいます。だからアイコンを変えるのです。お気に入りのアイコンで机を飾れば、パソコンを使うこと自体ももっともっと楽しくなりますしね。

それでは次に、特製のアイコンで、あなたのパソコンのデスクトップを楽しく飾ってみましょう。以下の順番で紹介します。

<前準備>特製のアイコンをダウンロードする

<step1>デスクトップにショートカットアイコンを作成する

<step2>ショートカットアイコンを特製のアイコンに変更する

これらの作業は、ご利用のパソコンのOSによって手順が異なりますので、お使いのOSの説明ページへお進みください。

次へ
(ショートカットアイコンを変更してみよう!
Windowsの場合
Macintoshの場合)

  • 会員サポートトップ

  • 各種手続き

  • 各種設定方法

  • よくある質問

  • お問い合わせ


プライバシーマーク

インターネット接続サービス安全・安心マーク