検索したいキーワードを入力してください。 例:メール 変更

ビッグローブ光
会員サポートトップ > お知らせ一覧 > 【お知らせ】ウイルス感染によるインターネットバンキングの不正送金被害にご注意ください

【お知らせ】ウイルス感染によるインターネットバンキングの不正送金被害にご注意ください

2014年7月23日 更新
2014年6月10日 掲載
ビッグローブ株式会社
BIGLOBEカスタマーサポート

BIGLOBE会員のみなさま

平素よりBIGLOBEをご利用いただき、誠にありがとうございます。

昨今、インターネットバンキングの不正送金の被害が急増しています。
このような状況において、警察庁は、米国連邦捜査局および欧州刑事警察機構と連携し、不正送金に使用されているウイルス(マルウェア )「Game Over Zeus」の国際的な駆除作戦に参加しています。

これを受け、BIGLOBEでは関係省庁および団体と連携し、ウイルス感染者に関する情報提供を受け、「Game Over Zeus」に感染しているお客さまへ、ウイルス駆除と感染防止対策を呼びかける注意喚起のメール送信を行います。

「Game Over Zeus」感染の影響

このウイルスに感染したパソコンから金融機関のウェブサイトへアクセスすると、ログイン画面等を装った偽の画面が表示されます。アクセスしたページ自体は銀行の正規のウェブサイトであるため、表示されたのが偽りのログイン画面であるということに気づきにくいケースです。
この偽画面に口座の情報を入力してしまうと、情報が窃取され、その結果、口座から不正送金が行われてしまいます。

また、このウイルスに感染すると、情報が窃取されるだけでなく、気づかない間に別のウイルスを配布してしまうなど、他のサイバー犯罪の実行にも利用されてしまいます。

ウイルス感染防止の対策

  1. ウイルス対策ソフトの導入
    ウイルス対策ソフトは常時ご利用いただくことを強くおすすめします。ウイルス対策ソフトを導入されていない場合は、必ず導入して、最新のウイルス定義ファイルに更新してください。
    • ※ BIGLOBEでも総合ウイルス対策ソフト「セキュリティセット・プレミアム」をご用意しています。
      本製品は、今回のウイルスに対応済みです。サービスの詳細は以下のページをご確認ください。
  2. OSやブラウザなどを最新版にする
    ウイルス対策ソフトを導入していても、ご利用のOSやブラウザにセキュリティ上のぜい弱性があると、ウイルスに感染してしまう恐れがあります。
    Windowsパソコンをお使いの方は、以下のページから最新の修正プログラムを適用してください。 そのほか、ウェブ閲覧の関連ソフトウェア(Adobe Reader、Adobe Flash、Java等)についても、ぜい弱性を解消していないとウイルス感染の原因となります。各ソフトウェアの修正プログラムを適用し、最新の状態を保つようにしてください。
  3. 不審なアクセスの遮断
    パソコンご利用時には、ウイルス対策ソフトのファイアウォール機能などを常に起動して、不審なアクセスを遮断してください。
  4. パスワードの変更
    パスワードの不正利用を防止するために、BIGLOBEをはじめ各種サイトのパスワードは、定期的にご変更ください。
    変更の際、パスワードを使い回しすることは絶対に避けてください。
    また、「生年月日」「電話番号」「ユーザIDと同じ文字列」など他人に推測されやすいものも避けてください。

関連リンク

安全なインターネットのご利用と不正利用の防止のため、ご協力をお願いいたします。

BIGLOBEカスタマーサポート
ホームページからのお問い合わせ