メールソフト自動設定ツールの使い方

テストメール送受信

設定が終了したら、送受信テストで確認してみましょう。

テストメールシステムの流れ

テストメールシステムを使うことにより、メールソフトが正しく設定されているかを確認することができます。 設定が正しい場合は、送信者宛にテストメールが返信されます。

テストメールシステムの流れ


テストメールシステムよりメールが返信されれば、メールソフトは正しく設定されています。

1. [テストメール]ボタンをクリックする

ボタンをクリックすると、「メッセージの作成」ウィンドウが開きます。

テストメール

「テストメール」ボタンをクリックしたときに、メールソフトの自動設定ツールで設定したメールソフト(Windows メール)と異なるメールソフトが起動する場合は、Windowsの設定を変更する必要があります。
変更方法は、こちらをご覧ください。

Windows メールの場合

1. テストメールを送信する

[送信]ボタンをクリックする。 ※本文の記入は不要です。
手順1の画像

2. テストメールを受信する

Windows メールを起動していない場合は、Windows メールを起動して受信メールを確認してください。
※タイミングによってはうまく受信できない場合がありますので、そのときは、[送受信]をクリックしてみてください。
手順2の画像

3. テストメールを確認する

テストメールを受信できれば、正しく設定されています。
手順3の画像

以上で、Windows メールの動作確認は完了です。

メールアドレス変更後の設定について

メールアドレスを変更した場合、古いメールアドレスの設定がメールソフトに残っているとエラーの原因となります。不要な古いメールアドレスの設定は手動で削除してください。 削除方法は、「メールアカウント削除方法」をご覧ください。


▲ページトップへ


メールアドレス変更後の設定について

メールアドレスを変更した場合、古いメールアドレスの設定がメールソフトに残っているとエラーの原因となります。不要な古いメールアドレスの設定は手動で削除してください。 削除方法は、「メールアカウント削除方法」をご覧ください。


▲ページトップへ


閉じる