検索したいキーワードを入力してください。 例:メール 変更

ビッグローブ光

Outlook Express 6.0 設定方法

インターネットに接続してOutlook Express 6.0で電子メールの送受信を行うために必要な、メールアカウントの設定を行います。
設定を行うには、メールアドレス、BIGLOBEパスワード、メールサーバの情報が必要ですので、BIGLOBE会員証をお手元にご用意ください。

【チェック】
メールアドレスの「@」より後ろの文字列が「m**.biglobe.ne.jp」の方は、「サブドメイン「m**」の方のメール設定方法の変更について」のページをご覧ください。
  • ネットワーク設定がお済みでない方は、先にネットワークの設定をされることをおすすめします。
    設定方法については「インターネット接続設定」をご覧ください。
  1. 「スタート」メニューから「電子メールOutlook Express」をクリックする。
    手順1
  2. Outlook Express 6.0 が起動します。ツールバーから「ツール(T)」→「アカウント(A)」をクリックする。
    手順2
  3. 「インターネット アカウント」の画面では、[メール]タブをクリックし、「追加(A)」→「メール(M)」をクリックする。
    手順3
  4. 「名前」の画面では、「表示名(D)」の欄に任意の名前を入力して、[次へ(N)]ボタンをクリックする。
    • この名前は、メールを送信した際に送信者名の情報として相手に届きます。
      名前は自由に入力できますが、相手に送信者が分かるような名前にすることをお勧めいたします。
    手順4
  5. 「インターネット電子メール アドレス」の画面では、「電子メール アドレス(E)」の欄にBIGLOBE会員証記載の「メールアドレス」を入力して、[次へ(N)]ボタンをクリックする。
    手順5
  6. 「電子メール サーバー名」の画面では、
    • 「受信メール(POP3、IMAP または HTTP)サーバー(I)」の欄にBIGLOBE会員証記載の「メールサーバ」欄にある文字列を半角小文字入力する。
    • 「送信メール(SMTP)サーバー(O)」の欄にもBIGLOBE会員証記載の「メールサーバ」欄の文字列を半角小文字入力して、[次へ(N)]ボタンをクリックする。
    なお、モバイルギアまたはNEC製ワープロの一部の機種をご利用の方は、必ずこちらをご覧ください。
    • 「受信メールサーバーの種類(S)」は、「POP3」を選択する。
    手順6
  7. 「インターネット メール ログオン」の画面では、
    • 「アカウント名(A)」の欄にBIGLOBE会員証記載の「メールアドレス」欄の文字列を半角で大文字/小文字を区別して入力する。
    • 「パスワード(P)」の欄にBIGLOBE会員証記載の「BIGLOBEパスワード」欄の文字列を半角で大文字/小文字を区別して入力して、「次へ(N)」ボタンをクリックする。
    • 「セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)を使用する(S)」は、チェックをしないでください。
    手順7
  8. [設定完了]画面が表示されます。
    [完了]ボタンをクリックする。
  9. [ツール]→[アカウント]をクリックし、[インターネット アカウント]画面の[メール]タブをクリックする。
    アカウントが追加されたのを確認したら[プロパティ]ボタンをクリックする。
    • メールアカウントを複数ご利用の方は、通常使用するアカウントをクリックし、[既定に設定(E)]ボタンをクリックして、メールを送受信する際に通常使用するアカウントとして登録してください。
      また、利用しないアカウントを削除する場合は、削除するアカウントを選択して[削除(R)]ボタンをクリックしてください。
    手順9
  10. [サーバー]タブをクリックし、「送信メールサーバー」の欄の「このサーバーは認証が必要(V)」をチェックする。
    • このチェックは、SMTP認証というシステムを使用することを意味します。
      チェックをしませんと、BIGLOBEのアクセスポイント以外のインターネット接続環境では送信動作に制限が加わります(POP before SMTP)ので、チェックをすることをお勧めします。
    手順10
  11. [接続]タブをクリックする。

    ADSL接続、光ファイバー接続の場合は、必ず「接続コース別のOutlook Express接続設定内容」ページを確認し、接続環境にあった設定をしてください。

    • お使いの環境が「このアカウントには次の接続を使用する(U)にはチェックが不要」となっていた場合
      「このアカウントには次の接続を使用する(U)」のチェックボックスがチェックオフとなっていることを確認する。
    手順11
    • お使いの環境がダイヤルアップ接続や、「このアカウントには次の接続を使用する(U)にチェックが必要」となっていた場合
      「このアカウントには次の接続を使用する(U)」をチェックする。
  12. [詳細設定]タブをクリックし、以下の設定を行って、[適用]ボタンをクリックし、[OK]ボタンをクリックする。
    • 「送信メール(SMTP)」欄には、「587」と入力してください。
    手順12

    BIGLOBEでは迷惑メール対策の一環として、メール設定において送信メールサーバのポート番号は「587番ポート」を推奨しております。


    以上で、設定は終了です。

  • テキスト形式で送信する設定にする
    Outlook Express 6.0 は、電子メールをHTML形式(図や写真を混在できるデータ形式)として送信する設定が初期値になっています。
    HTML形式のメールを受信することを喜ばない人もおり、ネチケット(インターネット上のエチケット)としてHTML形式のメール送信を避けるように呼びかけている人もいます。また、HTML形式のデータを正しく読まない電子メールソフトが多く利用されています。
    事故を避けるために、テキスト形式のメール送信をお勧めいたします。

    テキスト形式の送信設定方法
    ツールバーから「ツール(T)」→「オプション(O)」をクリックする。
    「送信」タブをクリックし、[メール送信の形式]と[ニュース送信の形式]をそれぞれ「テキスト形式」に変更する。

このページの先頭へ▲

ミニアンケート

このページの案内で、お客さまの疑問・問題は解決しましたか?

解決できた

解決できたけど分かりにくかった

解決できない

申し訳ございません。なぜ疑問・問題が解決できなかったのか、教えてください。

  • 下記に、ID、お名前、電話番号、メールアドレスなどの個人情報のご入力はお控えください。
    こちらにご入力いただいた内容については、お客さまに直接ご回答を差し上げることができません。

送信する

回答ありがとうございました。今回ご回答いただきました内容をもとに、より良いページ作りを目指して参ります。