次の段落は、カスタマーサポートトップからこのページまでの最短経路を示しています。

My BIGLOBEトップ > ネットのお役立ち情報 > ネットを知りたい > ネットで購入って怖くないの?〜SSLについて


↓ここにキーワードを入力してください。



ネットで購入って怖くないの?〜SSLについて
ネットで購入って怖くないの?〜SSLについて

インターネットでショッピングをするときに、クレジットカード番号を入力しなければならない場合があります。クレジットカード番号を盗聴され悪用されるかもしれない…、と抵抗がある人もいるはずです。確かに「クレジットカード番号」、「有効期限」、「氏名」さえわかれば商品を購入できるサイトも少なくありません。だからこそ、しっかりした個人での管理が重要なのです。

インターネット上にはクレジットカード番号などの大切な情報を守るために、SSLと呼ばれる暗号化通信を行うセキュリティで保護されているページがあります。

SSLとはSecure Socket Layerの略で、ネットスケープ社によって開発されたセキュリティ機能で、コンピュータ同士がデータ通信をする時のきまりごとです。

通常、インターネットでホームページを閲覧する際、そのページから自分のパソコンまで迷路のようなインターネット上を通ってデータがダウンロードされます。SSLにはそのデータを暗号化する機能があるので、データをこっそり覗かれることがあっても、暗号化されたデータは、一見無意味な文字列としか表示されません。そのため、どんな情報をやりとりしているのか第三者に知られる心配がないのです。

SSLを利用するには対応したブラウザが必要です。最近のブラウザは、ほとんどSSLに対応していますが、古いブラウザでは対応していないものもありますのでご確認ください。Internet Explorer6.0以上推奨です。


SSLで保護されているページを表示しているときは、ブラウザの下の方に次のような鍵マークが表示されます。この鍵マークをクリックすることで本物のサイトを証明する「サーバ証明書」を表示することができます。
Internet Explorer 6.0 の場合
Internet Explorer 6.0 の場合
クレジットカード番号など大切な情報を入力するページを利用する際は、セキュリティで保護されているか確認するようにしましょう。

鍵マーク以外にも、通常「http://〜」と表示されているURLの先頭部分が「https:// 〜」と表示されるので、これでも確認することができます。これは、ホームページをSSLなどを利用して閲覧する際、一般的にURLの先頭部分を「https」と表示する決まりがあるからです。あわせて確認するよう心がけましょう。

また、利用するサービスの規約(「会員規約」、「利用規約」)などをよく読んで、信頼できるサイトであるかを、あらかじめ確認してから利用することも大切です。

安全にインターネットを楽しむためにも、ネット上でクレジットカード番号など他人に知られたくない個人情報を入力するときは、これらの確認を忘れないでくださいね。

SSLで保護されているページは、ショッピングサイトなどではもちろん、ブラウザを使ってメールの受信確認や送信を行うWebメール(ウェブリメール)などでも利用されています。
ウェブリメール
https://webrymail.biglobe.ne.jp/


  • 会員サポートトップ

  • 各種手続き

  • 各種設定方法

  • よくある質問

  • お問い合わせ


プライバシーマーク

インターネット接続サービス安全・安心マーク