「Windows 転送ツール」でデータ移行する(Windows XP→Windows 7)

今、行っている作業は「移行」

古いパソコン(Windows XP)での移行作業

  1. 古いパソコン(Windows XP)のデータを取り込む作業です。

    USBメモリを接続する。自動的にメニューウインドウが立ち上がるので、[Windows 転送ツールを今までのコンピュータにインストール]をクリックし、[OK]をクリックする。
    手順1の画面例
  2. Windows 転送ツールの画面が表示されたら[次へ]をクリックし、次の画面で[外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ]をクリックする。
    手順2の画面例

    手順2の画面例

  3. 現在使用しているコンピュータが表示されるので[これは今までのコンピューターです]をクリックする。
    手順3の画面例
  4. 自動的に古いパソコン(Windows XP)に保存されているデータの収集がはじまります。
    手順4の画面例
  5. データの収集が終わったら、移行する必要がないユーザーアカウントのチェックボックスを外す。
    移行するデータを絞りたい場合は[カスタマイズ]をクリックし、メニューが表示されたら[詳細設定]をクリックするとより細かな設定が行えます。
    手順5の画面例
  6. 移行したいユーザーをクリックし、転送する必要のない項目のチェックを外したら[保存]をクリックする。
    手順6の画面例
  7. パスワードの設定画面が表示されるので、任意の英数字を入力する。
    移行するデータには個人情報が含まれることがあるので、パスワードの設定は必須です。
    手順7の画面例
  8. ファイルをどこに保存するか表示されるので、USBメモリを選んで保存する。
    移行準備が終わるとユーザーアカウントのアイコンの隣に[保存を完了しました]というメッセージが表示されるので[次へ]をクリックする。さらに[転送ファイルが作成されました]という画面が表示されたら[次へ]をクリックする。
    手順8の画面例

    手順8の画面例

  9. [このコンピュータ上でのWindows 転送ツールの処理は完了しました]と表示されたら、[閉じる]をクリックする。
    手順9の画面例

    古いパソコン(Windows XP)での作業は完了です。USBメモリを取り外して新しいパソコン(Windows 7)に接続しましょう。
    新しいパソコン(Windows 7)での移行作業」へ進んでください。
  • USBメモリで移行するか、大容量の外付けハードディスクなどを使うか
    古いパソコン(Windows XP)にたくさんのファイルを保存している場合、移行するデータの容量が大きすぎてUSBメモリに保存できないことがあります。その場合は、USBメモリの代わりに大容量の外付けハードディスクなどを使ってデータ移行を行ってください。
  • 「Windows 転送ツール」でデータ移行する(Windows XP→Windows 7)
  • 古いパソコン(Windows XP)での移行作業
  • 新しいパソコン(Windows 7)での移行作業

このページの先頭へ▲

ミニアンケート

このページの案内で、お客さまの疑問・問題は解決しましたか?

解決できた

解決できたけど分かりにくかった

解決できない

申し訳ございません。なぜ疑問・問題が解決できなかったのか、教えてください。

  • 下記に、ID、お名前、電話番号、メールアドレスなどの個人情報のご入力はお控えください。
    こちらにご入力いただいた内容については、お客さまに直接ご回答を差し上げることができません。

送信する

回答ありがとうございました。今回ご回答いただきました内容をもとに、より良いページ作りを目指して参ります。