検索したいキーワードを入力してください。 例:メール 変更

会員サポートトップ > 各種設定方法 > メールの設定 > Outlook 2010(Windows版) > Outlook 2010(Windows版)POP/SMTP over SSLの設定方法法

Outlook 2010(Windows版)POP/SMTP over SSLの設定方法

説明

BIGLOBEでは、POP/SMTP over SSLに対応しており、対応メールソフトをご利用の方は、POP/SMTP over SSLを利用する設定にしていただくことによりご利用いただけます。

POP/SMTP over SSLとは、お客さまのメールソフトとBIGLOBEメールサーバ間の通信を暗号化することによってメールの盗聴を防ぐ仕組みです。

手順

  1. Outlookを起動する。
  2. [ファイル]→[アカウント設定]→[アカウント設定(A)...]をクリックする。
    手順2の画面例
  3. BIGLOBEメールの設定を選択し、[変更]ボタンをクリックする。
    手順3の画面例
  4. 以下の設定を確認し、[詳細設定]ボタンをクリックする。
    手順4の画面例
    名前 メールの受信者側に表示させる名前
    電子メールアドレス メールアドレス
    受信メールサーバー(POP3) mail.biglobe.ne.jp
    送信メールサーバー(SMTP) mail.biglobe.ne.jp
    アカウント名 メールアドレス
    パスワード BIGLOBE会員証に記載の「BIGLOBEパスワード」
    ※パスワードを変更した場合は、変更後のパスワードを入力します。
    パスワードを保存する パスワードを保存しておきたい場合はチェックする
     ※チェックをすると、接続のたびにパスワードを入力する必要がなくなります。
    メールサーバーがセキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)に対応している場合には、チェックボックスをオンにしてください チェックしない
  5. [送信サーバー]タブをクリックし、以下の設定を確認する。
    手順5の画面例
     送信サーバー(SMTP)は認証が必要  チェックする
    受信メールサーバーと同じ設定を使用する 選択する
  6. [接続]タブをクリックし、以下の設定を確認する。
    • ご利用の接続環境がADSL・光ファイバー接続の場合
      [ローカル エリア ネットワーク(LAN)を使用する]を選択する。
    手順6の画面例

    • ご利用の接続環境がダイヤルアップ接続の場合
      [電話回線を使用する]をクリックし、[使用するダイヤルアップネットワーク接続]から送受信時に使用する接続先を選択する。
    手順6の画面例
  7. [詳細設定]タブをクリックし、以下の設定をした後、[OK]ボタンをクリックする。
    手順7の画面例
    受信サーバー(POP3)(I) 995
    このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要(E) チェックする
    送信サーバー(SMTP)(O) 465
    使用する暗号化接続の種類(C) SSL
  8. [インターネット電子メール設定]画面に戻るので、[次へ]ボタンをクリックする。
    手順8の画面例
  9. [セットアップの完了]画面に戻るので、[完了]ボタンをクリックする。
    手順9の画面例
  10. [電子メール アカウント]画面に戻るので、[閉じる]ボタンをクリックする。
    手順10の画面例

    これで操作は終わりです。

このページの先頭へ▲

ミニアンケート

このページの案内で、お客さまの疑問・問題は解決しましたか?

解決できた

解決できたけど分かりにくかった

解決できない

申し訳ございません。なぜ疑問・問題が解決できなかったのか、教えてください。

  • 下記に、ID、お名前、電話番号、メールアドレスなどの個人情報のご入力はお控えください。
    こちらにご入力いただいた内容については、お客さまに直接ご回答を差し上げることができません。

送信する

回答ありがとうございました。今回ご回答いただきました内容をもとに、より良いページ作りを目指して参ります。