会員サポートトップ > BIGLOBE Wi-Fi > Windows 8以降の接続設定方法 > Windows 8以降の接続設定方法(Wi-Fi接続設定方法)

BIGLOBE Wi-Fi利用手順 Windows 8以降の接続設定方法(Wi-Fi接続設定方法) DoSPOTのWi-Fi接続設定方法
Secured Wi-FiのWi-Fi接続設定方法

設定をはじめる前に

Windows 8以降のパソコンでBIGLOBE Wi-Fiを利用する設定方法をご案内します。
Windows 7をご利用の方は「Windows 7の接続設定方法」を参照ください。

※各端末に関する質問は、各メーカまでお問い合わせください。 
※記載しております確認方法ならびに画面表示は一例です。
※ご利用される機器のMACアドレス登録がお済みでない方は、以下のページからMACアドレスを登録ください。
Windows 8以降の接続設定方法(MACアドレスの登録)
※Windows 7はSecured Wi-Fiへの接続はサポートされておりません。

これらの設定情報は、以下ページでご確認いただけます。
DoSPOTのアクセスポイントへの接続設定
Secured Wi-Fiのアクセスポイントへの接続設定

Secured Wi-Fiの接続設定を変更する場合は、既存の設定を一度削除してから再設定を行ってください。
接続設定の削除手順はこちら

手順1 無線LAN機能を有効にする。

Wi-Fi接続の設定を行う前に、Windows 8以降のパソコンの無線LAN機能を有効にしてください。
Windows 8以降のパソコンの無線LAN機能の有効/無効の設定については、パソコンの添付マニュアル(説明書)などをご確認ください。(本体スイッチ、キーボードのFn+F2キー、「ワイヤレスの設定」ツールなどの方法で無線LAN機能の有効/無効を切り替えることができます。)

手順2 設定情報を入力する。

「コントロール パネル」を開きます。[スタート][コントロール パネル]の順にクリックしてください。
表示された画面で[ネットワークとインターネット]をクリックしてください。
表示された画面で[ネットワークと共有センター]をクリックしてください。
[ネットワークと共有センター]画面で、[ネットワーク設定の変更]欄の[新しい接続またはネットワークのセットアップ]をクリックしてください。
表示された画面で[ワイヤレス ネットワークに手動で接続します]をクリックして[次へ]ボタンをクリックしてください。
表示された画面で[ネットワーク名(SSID)][セキュリティの種類][セキュリティキー]等を設定します。

[次へ]をクリックして設定を保存する
入力画面

ネットワーク名 スポット接続設定情報で確認できる「ネットワーク名」を入力。
DoSPOTの場合は「NTTWEST-SPOT」です。
「DoSPOT-FREE」はBIGLOBEが提供するサービスではありませんのでご注意ください。
ご利用予定のアクセスポイントのSSIDを確認したい場合は、こちらをご覧下さい。
セキュリティの種類 スポット接続設定情報で確認できる「セキュリティの種類」を選択。
暗号化の種類 スポット接続設定情報で確認できる「暗号化の種類」を選択。
セキュリティキー スポット接続設定情報で確認できる「セキュリティキー」を選択。

参考 アクセスポイント内(アクセスポイントの電波が届いている場所)で設定情報を入力する。

事前にBIGLOBE Wi-FiのSSID(ネットワーク名)などの設定情報を、以下のページでご確認ください。
→ BIGLOBE Wi-Fi スポット接続設定情報

タスクバーの無線LAN接続アイコンをクリックして、無線接続の画面を表示します。
BIGLOBE Wi-Fiの[SSID(ネットワーク名)]を選択して [接続]をクリックします。
表示された画面で[セキュリティキー]を入力して [OK]をクリックするとWi-Fi接続設定は完了です。

デスクトップの画面右下タスクバーの無線LAN接続アイコンで、ネットワークに接続されていることを確認してください。

STEP4. DoSPOTの接続方法

ご利用になる前に必ずご確認ください。

DoSpot このマークのステッカーが貼られているサービスエリアでのご利用には、ユーザIDとパスワードが必要です。

ご利用方法

  • ご利用の端末でDoSPOTのSSIDで接続されていることをご確認ください。
  • アクセスポイントがカバーするエリアでブラウザを起動させ、ログイン画面にユーザIDとパスワードを入力することで、インターネットに接続できます。

フレッツスポット用 ログイン画面

ユーザID BIGLOBEユーザID@biglobe.jp
  • ※ BIGLOBEユーザIDのあとに「@biglobe.jp 」を必ずつけてください。
例: abc12345@biglobe.jp
(BIGLOBEのユーザIDが「abc12345」の場合)
パスワード BIGLOBE会員証に記載の「接続パスワード」を入力。
  • ※「接続パスワード」とは、インターネットに接続する際に、必要なパスワードです。「BIGLOBEパスワード」とは異なるパスワードですので、ご注意ください。
    → 参考:「BIGLOBEパスワード」と「接続パスワード」の違いはなんですか
  • ※「接続パスワード」を変更した場合は、BIGLOBE会員証に記載の「接続パスワード」はご利用いただけません。必ず変更時に設定した接続パスワードを入力してください。

STEP3-1. Secured Wi-Fiのアクセスポイントへの接続設定(証明書のインストール)

手順1 証明書をダウンロードする。

下記のリンクをクリックして証明書をダウンロード、適当な場所に保存してください。

Windows用証明書

手順2 証明書をインストールする。

ダウンロードした証明書のファイルをダブルクリックして、証明書をインストールする。
(下の例は証明書をデスクトップに保存した場合)

スタート画面

[証明書のインストール]をクリックする。

証明書

[ローカルコンピュータ]を選択して、「次へ]をクリックする。

証明書のインポート ウィザード01

[証明書の種類に基づいて、自動的に証明書ストアを選択する]を選択して、[次へ]をクリックする。

証明書のインポート ウィザード02

[完了]をクリックする。

証明書のインポート ウィザード03

証明書のインストールはこれで完了です。
つづいて、Secured Wi-Fiのアクセスポイントへの接続設定に進みます。

STEP3-2. Secured Wi-Fiのアクセスポイントへの接続設定

Secured Wi-Fiの接続設定を変更する場合は、既存の設定を一度削除してから再設定を行ってください。
接続設定の削除手順はこちら

手順1 0001_Secured_Wi-Fiを追加する。
タスクバーのWi-Fiアイコンを右クリックし、[ネットワークと共有センター]を開く。

※Windows 10の場合はWindowsのスタートメニューから[Windowsシステムツール]内にある[コントロールパネル]を起動し、[ネットワークの状態とタスクの表示]を選択してください。

0001_Secured_Wi-Fiを追加

[新しい接続またはネットワークのセットアップ]をクリックする。

0001_Secured_Wi-Fiを追加

[ワイヤレスネットワークに手動で接続します]を選択して[次へ]をクリックする。

0001_Secured_Wi-Fiを追加

各項目に以下の内容を入力、または選択する。

0001_Secured_Wi-Fiを追加

項目名 入力/選択内容
ネットワーク名 0001_Secured_Wi-Fi
セキュリティの種類 WPA2-エンタープライズ
暗号化の種類 AES
セキュリティキー (入力不要)

[この接続を自動的に開始します]にチェックを入れ、[次へ]をクリックする。

正常に設定されると下記の画面が表示されるので、次のステップに進む。

※下記の画面が表示されない場合は、「Windows設定エラー時の対処方法」へ進んでください。
Windows設定エラー時の対処方法

接続の設定を変更

手順2 接続の設定を変更する。
[接続の設定を変更します]をクリックする。

接続の設定を変更

[セキュリティ]タブをクリックする。

接続の設定を変更

ネットワークの認証方法の選択で[Microsoft:EAP-TTLS]を選択し、[設定]をクリックする。

接続の設定を変更

[IDプライバシーを有効にする]にチェックが入っていることを確認し、テキストボックスに「anonymous@biglobe.jp」を入力する。
これらのサーバに接続のテキストボックス」に「wifispot.biglobe.ne.jp」を入力する。
信頼されたルート証明機関の項目で[GlobalSign]にチェックを入れる。
※GlobalSignの項目が複数ある場合はそのすべてにチェックをいれてください。
[サーバを承認できない場合に、ユーザーに確認しない]にチェックを入れる。
[OK]をクリックする。

接続の設定を変更

手順3 ユーザ名とパスワードを入力する。
0001_Secured_Wi-Fi ワイヤレスネットワークのプロパティに戻るので、[詳細設定]をクリックする。

接続の設定を変更

[802.1Xの設定]タブで[認証モードを指定する]にチェックを入れ、[ユーザー認証]を選択する。

接続の設定を変更

[資格情報の保存]をクリックする。

接続の設定を変更

接続の設定を変更

IDとパスワードの入力を求められるので、以下の内容を入力し、[OK]をクリックする。

ユーザー名 BIGLOBEユーザID@biglobe.jp
  • ※ BIGLOBEユーザIDのあとに「@biglobe.jp 」を必ずつけてください。
例: abc12345@biglobe.jp
(BIGLOBEのユーザIDが「abc12345」の場合)
パスワード BIGLOBE会員証に記載の「接続パスワード」を入力。
  • ※「接続パスワード」とは、インターネットに接続する際に、必要なパスワードです。「BIGLOBEパスワード」とは異なるパスワードですので、ご注意ください。
    → 参考:「BIGLOBEパスワード」と「接続パスワード」の違いはなんですか
  • ※「接続パスワード」を変更した場合は、BIGLOBE会員証に記載の「接続パスワード」はご利用いただけません。必ず変更時に設定した接続パスワードを入力してください。

残りの画面を閉じる。
これで接続の設定が変更されました。

STEP4. Secured Wi-Fiの接続方法

手順1 接続先を選択する。
タスクバーのWi-Fiアイコンをクリックし、ネットワークを表示させる。

接続先を選択

表示されるネットワーク名の中から[0001_Secured_Wi-Fi]を探してクリックし、[接続]をクリックする。

接続先を選択

接続先を選択

これでSecured Wi-Fiに接続されます。

このページの先頭へ▲

ミニアンケート

このページの案内で、お客さまの疑問・問題は解決しましたか?

解決できた

解決できたけど分かりにくかった

解決できない

申し訳ございません。なぜ疑問・問題が解決できなかったのか、教えてください。

  • 下記に、ID、お名前、電話番号、メールアドレスなどの個人情報のご入力はお控えください。
    こちらにご入力いただいた内容については、お客さまに直接ご回答を差し上げることができません。

送信する

回答ありがとうございました。今回ご回答いただきました内容をもとに、より良いページ作りを目指して参ります。