検索したいキーワードを入力してください。 例:メール 変更

ビッグローブ光
会員サポートトップ > お知らせ一覧 > 個人情報をだまし取る「フィッシング詐欺」にご注意ください

個人情報をだまし取る「フィッシング詐欺」にご注意ください

2013年10月3日更新
NECビッグローブ株式会社
BIGLOBEカスタマーサポート

平素よりBIGLOBEをご利用いただき、誠にありがとうございます。
フィッシング(Phishing)詐欺に関する情報をまとめましたので、被害に遭わないよう十分ご注意ください。

フィッシング詐欺とは?

フィッシング詐欺とは、まず、実在する銀行やクレジットカード会社などを装ったメールを不特定多数の宛先に送りつけます。
そのメール本文にリンクを記載して、銀行などの正規サイトにそっくりな「偽のホームページ」へ誘導します。
そして、クレジットカード番号やパスワードなどを入力させて個人情報を入手するというインターネット詐欺の一種です。
重要な個人情報を第三者に知られてしまうことで、自分のクレジットカードを第三者に悪用されてしまったり、本人になりすまして不正な売買をされたりするといった危険があります。

フィッシング詐欺メールの特徴

フィッシング詐欺には次のような特徴があります。不審なメールが届いたら、安易に返信などを行わず、配信元や内容をよく確認してください。

  • メールで送られてきて、ホームページへ誘導するリンクが記載されている
  • 「クレジットカード番号」や「パスワード」などの個人情報を入力するよう求めてくる
  • ウイルス対策ソフトでは検出されない
  • 送信元メールアドレス(Fromアドレス)を偽っていることが多い

被害に遭わないために

被害に遭わないためには、普段から次のようなことに気をつけてください。

  • 迷惑メールブロックサービスを利用する
  • 金融機関などは個人情報をメールで尋ねてくることはないものと理解しておく
  • 不審なメール中のリンクを不用意にクリックしない
  • 身に覚えのない不審なメールに返事をしない
  • 個人情報を聞き出す内容のメールが届いた場合は、本物のメールであるかどうかを送信元の企業などに問い合わせる(※1)
  • ブラウザは最新のセキュリティパッチを適用しておく
  • サーバ証明書で本物のサイトかどうかチェックする(※2)

※1 確認の際には、その企業などの正式なホームページなどに掲載されている電話番号やメールアドレスに連絡をしてください。メールに記載されている情報は虚偽の可能性があります。

※2 多くのホームページにおいて、個人情報を送信させるような場合はSSLと呼ばれる暗号化通信を利用しています。SSL暗号化通信中はブラウザに鍵マークが表示されます。サーバ証明書はこの鍵マークをクリックすることで表示することができます。

被害に遭ってしまったら

身に覚えのないクレジットカードの請求や銀行口座からの引き落としが行われるなど、被害に遭ってしまった場合は、該当のカード会社や銀行、最寄りの警察などに相談しましょう。

関連情報

今後とも、BIGLOBEをご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

BIGLOBEカスタマーサポート
ホームページからのお問い合わせ