IPv6とは?

IPアドレス

ネットワークにつながれた、すべての機器には「IPアドレス」と呼ばれる番号が割り振られます。 IPアドレスは例えるならインターネット上の住所のようなものです。 家には住所があるから郵便物が届くように、パソコンもIPアドレスを持っているから要求した情報が広大なインターネットの中で迷子にならず届きます。

現在、お客さまがご利用になっているIPアドレスは「IPv4」と呼ばれる仕組みが使われています。 しかし、このIPv4上で割り当てられるIPアドレスは近い将来、不足してしまいます。 世界中の急速なインターネット利用者・利用機器増加の為です。IPアドレス枯渇問題と言われています。この問題を解決すべく開発されたのが「IPv6」と呼ばれる仕組みです。アドレス数が無限大ともいえる新規格のIPアドレスです。BIGLOBEでは、このIPv6への移行準備を進めています。

IPv6でもっとつながる

IPv6を利用することにより、IPv4アドレスが枯渇した後でも、新しくパソコンや携帯電話の接続ができ、さらにこれまでインターネットが利用されていなかったさまざまな分野やものが接続され、新しく便利なサービスが生まれたり、従来のサービスがより使いやすくなったりすることが期待されます。

World IPv6 Launchについて

「World IPv6 Launch」とは、2011年6月8日に実施されたWorld IPv6 Dayの成果を受け、世界の主要なインターネットサービスプロバイダー(ISP)、ハードウェアメーカー、Webサービス事業者などが、各社の製品やサービスに対しIPv6を恒久的に有効にし、IPv6の普及を促進する取り組みです。

【本取り組みによる影響】

NTT東日本/NTT西日本のフレッツ光サービス をご利用の場合、フレッツ網(地域IP網)内のみ通信可能なIPv6アドレスが付与されている場合があります。このようなご利用環境において、IPv6を有効にしているサービスにアクセスした際に、表示が遅い、または表示できないなどの影響が出る可能性があります。BIGLOBEのIPv6サービスをご利用いただくことで、上記影響は発生しなくなります。
※ ご利用可能な回線などの条件は下記でご確認ください。

高速接続サービス IPv6

【IPv6接続利用による影響の確認方法】

以下のページにて、お客さまのご利用状況をご確認できます。