1. TOP
  2. 各種設定方法
  3. ブラウザの設定
  4. Internet Explorerの設定
  5. JavaScriptを有効にする設定方法(Internet Explorer)

JavaScriptを有効にする設定方法(Internet Explorer)

Internet ExplorerのJavaScript を有効にする設定方法をご案内します。

  • プログラム言語の一種で、主にホームページの機能を拡張するために利用されています。
    BIGLOBEのサービスでもJavaScriptを使用しているページがあります。
    お使いのブラウザでJavaScripを無効に設定されている場合、ページの表示やサービスが正しく機能しないことがありますのでご注意ください。
  1. Internet Explorerを起動する。
  2. 画面右上の[ツール]をクリックする。
    手順01-02
  3. [インターネットオプション]をクリックする。
    手順01-03
  4. 「セキュリティ」をクリックし、「インターネット」をクリックして、[レベルのカスタマイズ]をクリックする。
    手順01-04
  5. 設定の「スクリプト」が表示されるまでスクロールバーをスクロールする。
    手順01-05
  6. 「スクリプト」の項目を以下のように設定し、[OK]をクリックする。
    手順01-06
    Java アプレットのスクリプト [有効にする]を選択
    アクティブ スクリプト [有効にする]を選択
    スクリプトでのステータス バーの更新を許可する [有効にする]を選択
  7. 警告画面が表示されたら[はい]をクリックする。
    手順01-07
  8. インターネット オプションで[OK]をクリックする。
    • 一度、Internet Explorerを閉じて再度起動してください。設定は再起動後に反映されます。
    手順01-08

以上で完了です。