1. TOP
  2. 光回線の速度を最大限に引き出すには
  3. インターネットの回線速度とは

インターネットの回線速度とは

インターネットを利用していると、表示が遅いと感じることがあります。それは、回線の速度が十分得られていない状態や不安定な接続状態であることが考えられます。

規格上の最大速度と実際の回線速度の違い

インターネットの速度は、「最大○○Mbps」というように表されています。 Mbps(メガビーピーエス)やGbps(ギガビーピーエス)とは1秒間にどれだけのデータを送受信できるかを示す単位です。ただし、この数値は、技術規格上の概ねの最大値となり、実際の速度を保証するものではありません。このような接続サービスを「ベストエフォート型」と言います。

インターネットの「上り」と「下り」について

インターネットの速度表示において、「上り」「下り」という表記があります。Webサイトの閲覧のようにデータをダウンロードする際の速度を「下り速度」といい、「上り速度」はSNSへの写真や動画の投稿など、データをアップロードする際の速度を示しています。

用途による快適な回線速度

インターネットは速度が速く、接続が安定しているほど快適に使えますが、全てのコンテンツを利用する上で、必ずしも高速である必要はありません。コンテンツにより、通信量には差があり、送受信のために十分かつ安定した通信速度があれば、利用に支障はありません。以下に、代表的なコンテンツによって、かかる通信量の目安ををご紹介しますので参考にしてください。