1. TOP
  2. 各種設定方法
  3. ブラウザの設定
  4. Firefoxの設定
  5. JavaScriptを有効にする設定方法(Firefox)

JavaScriptを有効にする設定方法(Firefox)

FirefoxのJavaScript を有効にする設定方法をご案内します。

  • プログラム言語の一種で、主にホームページの機能を拡張するために利用されています。
    BIGLOBEのサービスでもJavaScriptを使用しているページがあります。
    お使いのブラウザでJavaScripを無効に設定されている場合、ページの表示やサービスが正しく機能しないことがありますのでご注意ください。

ご注意

Firefoxでは、Javascriptは初期状態で『有効』になっています。通常、設定の変更をする必要はありません。
設定を『有効』に戻す方は、画面に表示される注意をよく読み、細心の注意を払って行ってください。

  1. Firefoxを起動する。
  2. FirefoxのURL入力欄に「about:config」と入力し、[移動]をクリックする。
    手順01-02
  3. 注意画面が表示されたら内容をよく読み、[危険性を承知の上で使用する]をクリックする。
    手順01-03
  4. 「検索」欄に「javascript.enabled」と入力する。
    手順01-04
  5. 「javascript.enabled」欄の「値」の表示を確認する。
    手順01-05
  6. 「true」と表示されている場合は、Javascriptは有効に、「false」と表示されている場合は、Javascriptは無効になっている。有効にする場合は「javascript.enabled」欄をダブルクリックし、表示を「true」にする。
    手順01-06

以上で完了です。