宅外環境に起因すること

ここでは、インターネットが遅くなる主な2つの理由とそのほかの原因について説明していきます。

インターネットの接続方式の問題(IPv4 と IPv6)

光回線接続にはIPv4(PPPoE方式)とIPv6(IPoE方式)という接続方式があります。従来型のIPv4接続の場合、すでに利用者が大変多いため混雑しやすく、通信速度が遅くなりがちです。 最近普及してきているIPv6接続は、IPv4よりも大量のデータを送受信できるため、通信速度・安定性に優れています。 IPv6接続を利用することで、地域や時間帯の影響が少なくなり、快適にインターネットを利用することができます。

利用者が多く回線が混雑 IPv4/PPEoE接続
利用者が少なく回線が快適 IPv6/PPoE接続

IPv6接続の確認

現在の接続環境は
です
お客さまがどのネットワーク環境から接続しているかを示しています。
  • パソコンの設定や環境によっては正しく表示されない場合もありますのでご了承ください。

BIGLOBEでは、ビッグローブ光/フレッツ光/ドコモ光をご利用のお客さまのインターネット利用環境の改善に向けて、IPv6接続の利用を無料にて推進しています。

IPv6接続にしても速度が思うように出ない場合は、以下のページを参照し確認してみてください。
IPv6接続 速度が出ない場合の確認ポイント

住居からプロバイダまでの混雑

通常、光回線の契約は、一戸建てと集合住宅(マンションなど)で異なります。一本の光回線ケーブルを独占できる一戸建てよりも、複数戸で共有して利用する集合住宅の方が、一般的に速度が遅くなりがちです。

集合住宅(マンションなど)の場合
配線方式がVDSL形式の場合は、回線速度は最大100Mbpsまでしか出せません。同じ建物内で同時に回線を使用する時間帯などは、利用時間をずらすと快適になることもあります。
一戸建ての場合
キャリア網内へアクセスするまでの回線区間が混雑している可能性があります。また契約しているサービスによっては、回線速度は最大100Mbpsまでしか出せません。

Webサイト側の混雑

Webサイトの表示が遅い場合は、サイトが話題になっていて、アクセスが集中し回線が混雑したり、サーバーの処理速度が遅くなっている可能性があります。このようなときは、時間をおいて混雑しない時間帯にアクセスしなおしてください。